« 眞鍋かをり ポイ捨て条例制定記念イベントに | トップページ | あなたが選ぶナショジオBEST30に眞鍋かをり »

2007年9月27日 (木)

眞鍋かをりのオススメ読書日記

9月26日付の読売新聞夕刊(東京版)に「書店員のオススメ読書日記」の広告特集が掲載されていました。

こちらに

「“ブログの女王”が読書日記についに登場!」

という紹介が!

どうやらこれは、ヨミウリオンラインの中にある「書店員のオススメ読書日記」というブログ形式のサイト内で、眞鍋かをりさんの連載が始まるという紹介でした。

眞鍋かをりさんの第1回目の内容を一部抜粋してみますと

 皆さん、どうやって読む本を選んでいますか?

 私は本屋に行くと、一冊一冊本を手に取って、直感で自分に合いそうな本と「出会う」ことにしています。

 本にも人にも、運命を感じるときってありますよね。

 これから、私が最後まで読んで「ああ、読んで良かったな」と思えた、良い出会いになった本たちについて毎回お伝えしていきたいと思います。

 今回は東野圭吾さんの「夜明けの街で」。この本、私は「一粒で2度美味しい」本だと思います。

眞鍋さんといえば、以前からも結構様々なところで読書に関する記事を見た記憶があります。

今後もおそらく月1回のペースで更新されていくようなので、ぜひ皆さんもチェックしていってくださいね。

本屋さんへ行こう! 書店員のオススメ読書日記 SPECIAL

あなたのクリックで
眞鍋かをり嬢をランキング上位に!→
眞鍋かをりに投票

追伸:私は高校ぐらいまでは全くと言っていいほど雑誌以外の本は読まなくて、読書感想文とか泣きながら書いていた記憶があります。
大学に入ってからはビジネス書やノンフィクション系の本は年数冊程度ですが読むようになりました。
ただ、小説などのフィクションは未だに全くと言っていいほど読んでません(^_^;

個人的な最近のオススメ本は環境問題はなぜウソがまかり通るのかです。
気になった方はクリックしてみてください。

|
|

« 眞鍋かをり ポイ捨て条例制定記念イベントに | トップページ | あなたが選ぶナショジオBEST30に眞鍋かをり »

Webでも公開中」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68/8119887

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋かをりのオススメ読書日記:

« 眞鍋かをり ポイ捨て条例制定記念イベントに | トップページ | あなたが選ぶナショジオBEST30に眞鍋かをり »