« もしかして眞鍋かをりさんだけ!? | トップページ | 眞鍋かをりのCollegeVillage取材先 »

2008年6月13日 (金)

眞鍋かをり 秋葉原の事件を考える

秋葉原で起きた無差別殺人事件
今週はこの話題でニュースやワイドショーはもちきりでしたね。

昨日の「とくダネ!」でもこの話題は取り上げられ、携帯サイトの掲示板について触れられていました。

今回犯人の書き込みが各所で取り上げられ、コメンテーターの中には
「犯行前に気づいていれば」
と言う人も結構いました。

でも、個人的には
「そんな小規模な掲示板、どうやって見つけた?」
という思いで見ていました。

そんな掲示板での書きこみについて眞鍋さんは
「人通りの少ない路地裏で大きな声を上げている」
という表現をしていました。

これはネットの状況を結構リアルに知っている眞鍋さんらしい的を射た表現のような気がしましたね。

私もいろいろ思うところはありますが、彼が掲示板の中で自己が大きくなっていたような、そんな気がします。
事件を正当化するわけでは決してありませんが、どこか「テロ行為」に似た雰囲気を感じるのは私だけでしょうか?

ブログランキング参加中。
クリックしていただけると励みになります→
投票ボタン

|
|

« もしかして眞鍋かをりさんだけ!? | トップページ | 眞鍋かをりのCollegeVillage取材先 »

見てある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68/21610336

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋かをり 秋葉原の事件を考える:

« もしかして眞鍋かをりさんだけ!? | トップページ | 眞鍋かをりのCollegeVillage取材先 »