« 眞鍋かをりさんのくらし拝見 | トップページ | 南房総でロケだった眞鍋かをりさん »

2012年2月27日 (月)

眞鍋かをりさんが被災地の美味しい物を紹介

2月18日、愛知県名古屋市の久屋広場で行われた
復興応援トラックマーケット

被災地となった青森・岩手・宮城・福島・山形・茨城の特産品を集めて被災地支援の後押しをしよう!という企画のものでした。

私もいろいろなものを食べました。

個人的には福島県喜多方市の会津山都蕎麦にはちょっとした思い入れがあり、打ちたてのそばはとても美味しかったです。

ただ、一番美味しかったのは青森県のベビーホタテガーリックバター焼きでしたかね。
あれは反則なほど美味しかったです。

そんなことを言っているうちに時刻は午後1時半。
眞鍋かをりさんのトークショーが始まります。

Oneheartnow_1

まずは東北の印象というお話からで、美味しい物はたくさんあるけど、各地お肉にこだわりがあると眞鍋さん。

確かに牛や豚など、餌や環境にこだわって作っている所多いですからね。

続いて昨年の3月11日、眞鍋さんはどうしていたかという話題に。

眞鍋さんは昨年3月11日はTBSで収録中に地震に見舞われた模様。

その時たまたま妹さんも、仕事の関係で同じ建物にいたそうで(眞鍋さんの妹さんはレコード会社勤務です)、その日は姉妹一緒に家に帰ったそうです。

眞鍋さんにとって人生最大の揺れは阪神大震災の時。
その経験もあって当日は比較的落ち着いていられたそうです。

その後、仙台にいる友達の実家が仮設住宅を提供している会社を経営している方で、一緒に視察に行ったそうです。

仮設住宅といってもどこも同じではないようで、木造の立派な仮設住宅もあれば、風が入って寒そうな仮設住宅もあり、地域によっての格差を感じたようです。

確か岩手のどこか林業が盛んな地域が木造の仮設住宅を手帰郷したという話を聞いたことがあります。
あれはあれで素晴らしいことなんですが、やはり被害があまりにも大きいので、こういう格差は仕方ないんですかね?

さて話題は今回出店している各ブースの商品の紹介へ。

たくさんある商品の中から宮城県のくるみゆべし・山形県窪畑ファームのトマトジュース・青森県アラコウ水産のホタテのカリポリかいひもが紹介されました。

くるみゆべしは宮城県の代表的なおみやげですが、眞鍋さんは
「ゆべしはゆずが入っているものだと思っていた」
と、カルチャーショックを受けていたようです。
それでも眞鍋さん、美味しく頂いておりました。

窪塚ファームのトマトジュースを飲んだ眞鍋さんの感想は
「味が濃い!フルーティでとても美味しい!」
と大絶賛でした。
私も購入しましたが、この味ならこの値段でも買っちゃうわ~というくらい濃くて美味しいトマトジュースでした。

最後にカリポリかいひもですが、干物として食べがちな貝ひもをカリカリに揚げるという製法にイメージを覆されたという眞鍋さん。おつまみに最適!と太鼓判を押していました。

今回3つの商品を紹介していた眞鍋さんですが、どれも表現方法が上手いですね。
いつもながら感心してしまいました。

と、ここまででおよそ15分。
このあとは今紹介した商品を賭けたジャンケン大会へと移りました。

「え!?もうトーク終わり!?Σ(゚д゚lll)」

と、個人的にはそんな気持ちでしたが、とりあえずじゃんけんには参加することに。

ジャンケン大会でも段取りを確認しながら進行するあたりさすがの眞鍋さんでしたが、最後2人くらい残った段階で、本来1つしかプレゼントを用意していないところを、テーブルにあった商品もプレゼントしてしまうという機転を利かせた眞鍋さん。

このあたりも眞鍋さんらしさが出ていましたね。

商品もひと通り渡ったところで、最後に眞鍋さんから被災地の皆さんへフォトメッセージのコーナーへ。

眞鍋さんの被災地へのメッセージは

「できることは少ないですが、みんな各々東北のために力になろうとしています。少しでもお役に立てれば幸いです」

このメッセージはイベントサイトのフォトメッセージのページに掲載されているかもしれません。
可能な方は探してみていください。

............

と、ここでステージを後にした眞鍋さん。

これで終わりかと思ったら、最後の最後に「復興応援サポーターメッセージ」の収録があり、そちらも見ることができました。

Oneheartnow_2

こちらのメッセージもイベントサイトで見ることができます。

眞鍋さんは収録後急いで会場そばにつけていた車に乗って行ってしまいましたが、今回も警備の方々の合間を縫って可能な限り握手をしていました。

今回は眞鍋さんのトークの時間が予想外に少なかったですが、じゃんけん大会の眞鍋さんが可愛かったことと、出展された食べ物が美味しかったということでよしとしたいと思います。

それにしても眞鍋さん、トークショーの終わりに「会津柳津のあわまんじゅうも美味しかった」と言ってましたが、会場滞在時間もそれほどない中、どこでどんだけ食べたんでしょう?
結構謎でした。

|
|

« 眞鍋かをりさんのくらし拝見 | トップページ | 南房総でロケだった眞鍋かをりさん »

イベント」カテゴリの記事

眞鍋かをりに会ったよ」カテゴリの記事

コメント

仮設住宅の話は知りませんでしたね~。そういうことをアピらないのも眞鍋さん的倫理観なのかもしれませんけど。
大阪パフォーマンスドールの元メンバーに南三陸町出身の方がいて、元リーダーと連絡を取り合ってご家族の消息を捜したのが昨日のことのようです。

投稿: KenNagara | 2012年2月27日 (月) 02:26

>KenNagaraさん
言われてみたら眞鍋さんは震災関連で具体的に何かしたとは殆ど聞いた事無いですよね。
そういう所が眞鍋さん的なんでしょうか。

投稿: みなみ | 2012年2月28日 (火) 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68/44276832

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋かをりさんが被災地の美味しい物を紹介:

« 眞鍋かをりさんのくらし拝見 | トップページ | 南房総でロケだった眞鍋かをりさん »